顔の印象を決めるのは目元!

初めて会う相手の、どこの部分に目がいくかといえば、多くの人が顔と答えるはずです。それだけ顔はその人の印象を決める大事なパーツといえます。特に目元は自分の印象を決めてしまいかねない部分でもあることから、時間をかけてしっかりアイメイクを行うという女性も多いことでしょう。
日本人男性の多くは目のくりっとした女性に憧れを抱きます。そこで最近はピューラーなどを用いて、まつげをくるんと上向きにさせることに努力している女性がたくさんいます。ただピューラーなどの美容器具を多用すると、まつ毛が傷んだり抜けてしまうといったトラブルに陥ることも少なくありません。美容に力を入れるのはもちろんいいことなのですが、土台となるまつげそのもののケアを怠ってしまえば、美容器具の効果もなくなってしまいます。
そこで近頃はまつげの育毛に取り組む女性も増えてきました。まつげの育毛剤も販売されるようになりましたが、ルミガンと呼ばれる商品もそのひとつです。ルミガンはもともと緑内障の治療用に開発されたものですが、その過程でまつげに育毛効果があることに着目され、市販されるに至りました。医療用として開発されたものですので、副作用も少なく、安心して利用できるメリットがあります。
ルミガンの使用を続けた場合、まつげの密度だけでなく長さや色の濃さにも良い影響がでるとされています。まつげが長くなれば、ピューラーなどの効果を最大限に活かすことができますので、くりっとした愛らしい目元を表現することが可能になり、相手に好印象を与えることもできます。
このようにまつげの育毛に効果的なルミガンですが、ごくまれに眼球の色の変化などの副作用がでる場合がありますので、そのような時は使用を中止して医療機関を受診するようにしましょう。

ルミガンはなぜ通販だと安いのか

様々な媒体で、目力アップという言葉に触れるようになっていることからもわかるように、女性のメイクの最大のポイントでもある目元を強調するメイクが流行っている昨今において、強力なアイメイクアイテムを常習的に使うあまり、大切なまつ毛がぼろぼろになってしまっている女性が増えているようです。
化粧品メーカーからもまつ毛美容液などが販売されていますが、それほど満足のいく効果を実感できているというわけでもないようで、最近ルミガンという医薬品が注目されています。
ルミガンは眼精疾患の一つである緑内障を治療するための目薬なのですが、これを使っていた患者さんがまつ毛が濃く伸びてきたという副作用を訴えたことにより注目されるようになり、美容外科クリニックなどで、驚くほどまつ毛が伸びる育毛剤として販売されるようになりました。
本来緑内障の治療として処方される場合であれば、国内であれば当然保険適用となるため、通常の目薬程度の費用しかかからないのですが、美容治療の一環としての処方では保険が効かず、ある意味クリニック側の言い値になります。
そうなると、確実に効果はあっても一本八千円程度と高額の値段設定をしているところが多く、それならばと、海外から薬を個人輸入をしようと考える方が増えているようです。
インターネット通販では個人輸入代行業を営む薬局も多く、ルミガンなどもまとめて買えば、一本当たり二千円程度で購入できる場合もあります。
同じ効果が期待できるジェネリック医薬品も多く、長期的に使うことを考えればこちらで購入するほうが断然お得です。
日本でルミガンを保険適用で処方してもらうには、医師の診断が必ず必要で、眼科でなければ不可能です。